女性の薄毛の原因「びまん性脱毛症」とは?

女性の薄毛の原因「びまん性脱毛症」はストレスや過度なダイエットによる栄養不足、病気、投薬などに起因する、ホルモン分泌異常や身体的な不調など、多くの種類が見られます。もし心当たりのある方は、このサイトのコンテンツをお読みください。
トップページびまん性脱毛症と女性脱毛症の種類

びまん性脱毛症と女性脱毛症の種類

びまん性脱毛症と女性脱毛症の種類

女性の脱毛症には男性の脱毛症と同様にいくつか種類があります。その理由は原因と症状の違いによって規定されます。
ここでは女性によくある脱毛症の種類について詳しく取り上げていきます。

びまん性脱毛性は女性特有の薄毛の病気です。症状の特徴として、頭頂部が薄くなり、皮膚が透けて見えるようになるケースや、髪の毛全体が少しずつ薄くなっていく場合などがあり、その点でヘアラインが後退していく男性の脱毛症とは異なっています。ここではびまん性脱毛症でお悩みの方へ、その原因と治療法を詳しくお伝えし、改善方法について説明します。

FAGA(女性男性型脱毛症)は、女性ホルモンの分泌量の変化によってホルモンバランスが崩れることが引き金となって発生する、最近女性に増えつつある薄毛症状の一つです。AGAは男性にみられる脱毛症ですが、発生するメカニズムは同じなため、FAGA(F=female )と呼ばれています。ここではFAGAの特徴と原因、治療方法などを詳しくお伝えします。

分娩後脱毛症は、妊娠中に女性ホルモンの分泌が活発になり、その影響を受けた毛根のヘアサイクルが変化して起きる脱毛症の一種です。特徴は一時的に抜け毛が多くなったり、髪の毛を触った感じコシがない、ツヤがない状態が特徴となります。そのまま放置しても分娩後1年以内に治る可能性が高い脱毛症ですが、そうでない場合も…。こちらでは特徴と原因、治療方法などを詳しくお伝えします。

粃糠(ひこう)性脱毛症とはフケが原因で起きる、比較的珍しい脱毛症です。粃糠性脱毛症のフケは、通常みられるフケとは違い、かさぶた状態のフケが大量に発生してしまう症状をともないます。女性が罹ることは稀ですが、完治が難しい脱毛症とも言われており、その改善には正しい知識と治療が不可欠です。
こちらではひこう性脱毛症の特徴と原因、治療方法などを詳しくお伝えします。

脂漏性(しろうせい)脱毛症は、ホルモンバランスの急激な変化によって過剰に分泌された皮脂が、毛穴を埋め、その部分が炎症を起こして毛根の支えを失った髪の毛が抜け落ちてしまう、男性に多い薄毛症状の一つです。思春期を迎えた世代に多く女性も罹患するため、油断は禁物。実際罹患が疑われる方は早期の治療が必要です。こちらでは脂漏性脱毛症の特徴と原因、治療方法などを詳しくお伝えします。

牽引性脱毛症とは主にヘアスタイルが原因で引き起こされる脱毛症で女性に多く見られます。特定の髪型を長時間続けたり、帽子などをかぶって頭皮を圧迫すると、頭皮が血行障害を起こし、その血行障害によって毛根に発毛に必要な十分な栄養素がいきわたらなくなり、それが原因となって脱毛症となります。
こちらでは牽引性脱毛症の特徴と原因、治療方法などを詳しくお伝えします。

円形脱毛症は、頭髪が円形に抜け落ちそれが10円玉のように見える脱毛症です。原因や症状の現れ方によって種類が異なり、何の前触れもなく脱毛部分がみつかる「単発型」、円形脱毛部分が2か所以上になる「多発型」、頭髪全体に脱毛部分が広がっていく「多発融合型」など、ケースバイケース、大きさもまちまちで老若男女関係なくみられます。こちらでは円形脱毛症の特徴と原因、治療方法などを詳しくお伝えします。

 

女性の脱毛症には男性の脱毛症と同様にいくつか種類があります。その理由は原因と症状の違いによって規定されます。
ここでは女性によくある脱毛症の種類について詳しく取り上げていきます。

びまん性脱毛症と女性によくある脱毛症の種類

瀰漫性脱毛症は、女性に多い脱毛症です。具体的な症状として、頭髪の特定部分だけが薄毛になるのではなく、広範囲にわたって髪の毛が抜け、薄毛になってしまいます。
原因はストレスや過度なダイエットによる栄養不足、病気、投薬などに起因する、ホルモン分泌異常や身体的な不調など、多くの種類が見られます。傾向として、髪の毛が抜け落ちてしまった毛根が休止期に入り、そのまま髪の毛が生えてこなくなるため徐々に薄毛になっていきます。ですので症状の初期段階では気づきにくく、シャンプーをしていて抜け毛が目立ってきたり、髪の毛のコシが感じられなくなったり、スタイリングをしていて思い通りのボリュームが保てなくなったりするなど、すでに症状がかなり進んでから気づくケースが多いようです。

瀰漫性脱毛症を引き起こす要因

瀰漫性脱毛症を引き起こす要因として、以下が考えられます。

●ストレス

精神的なストレスが抜け毛を誘発するケース

●老化
細胞の老化が脱毛症を引き起こすケース

●ダイエット
慢性的な栄養不足が毛根の成長期を維持できくさせるケース

●経口避妊薬
ピルは女性ホルモンが配合されているので、女性ホルモンが活発に働いている間は髪の毛も良く伸びる反面、飲まなくなったときに休止期が増え、脱毛も増えるケース

●過度の洗髪
1日に何度も髪の毛を洗ったりドライヤーで乾燥させたりを繰り返す、ブラッシングを頭皮が傷つくまで行い、毛根にダメージを与えて薄毛になるケース

と、このようにいろいろケースはありますが、自分がどの原因なのかがわかればそれを排除して薄毛を改善できる可能性が高くなります。

その他の脱毛症

●円形脱毛症

ある日突然髪の毛が抜けはじめ、どの部位にどれくらいの範囲脱毛してしまうか予想ができません。
かつ短期間で特定部位に生えているすべての髪の毛が抜け落ちてしまうため、心理的なショックが大きいのが特徴です。
年齢層・男女問わず、赤ちゃんから老人まで広くみられる脱毛症です。

●脂漏性脱毛症

皮脂の過剰分泌が原因の脱毛症です。
前頭部、頭頂部だけでなく、側頭部、後頭部など場所にかかわらず発生します。洗髪回数が少なすぎる、脂肪中心の食事を続けていると起こりやすい脱毛症です。

●ひこう性脱毛症

大量に発生したフケが毛穴にたまり、頭皮が荒れ、毛根にダメージが及んで起きる脱毛症です。
髪の毛が十分に成長する前に抜け落ちます

まとめ

びまん性脱毛症とそのほかの脱毛症の区別は、お分かりいただけた通り、なかなかご自身では判別がつきません。
原因の追究と症状の改善を早めに行うためにも、クリニックや病院を受診したほうが良いでしょう。

▲ PAGE TOP

Copyright© 2014 女性薄毛治療の病院紹介 All Rights Reserved.