女性の薄毛の原因「FAGA(女子男性型脱毛症)」とは?

「FAGA(女子男性型脱毛症)」は、身体で作られたDHTと呼ばれる男性ホルモンが、髪の毛の発育を阻害することが原因です。このFAGAにはなる人とならない人がいて、発症時期やそのメカニズムも不明な点が多いのが特徴です。このサイトでは謎に包まれたFAGAの秘密に迫ります!
トップページびまん性脱毛症と女性脱毛症の種類FAGA(女子男性型脱毛症)

FAGA(女子男性型脱毛症)

FAGA(女性男性型脱毛症)とは「Female Androgenetic Alopecia」略で、最近女性に増えつつある薄毛の原因となる症状の一つです。 こちらは女性ホルモンの分泌量の変化によってホルモンバランスが崩れることに起因します。 ここではFAGA(女子男性型脱毛症)について、特徴と原因、治療方法などを詳しくお伝えします。

この脱毛症の特徴

主に男性にみられる脱毛症ですが、発生するメカニズムは同じといわれています。体内の男性ホルモンが栄養などと一緒に血管をとおり、毛乳頭に運ばれた後、5αリダクターゼ(5α活性酵素)によって、デヒドロテストステロン(DHT)という、テストステロンより強力な、活性化された男性ホルモンに変換されます。これが悪さをします。
このDHTは毛乳頭の中にある男性ホルモン受容体と結合し、「髪をこれ以上生やすな」という指令を毛乳頭、毛母細胞に出します。そうなると文字通り、髪の毛はそれ以上生えてこず、抜け毛ばかりが目立つようになってしまうのです。
ただ、女性の場合は男性の脱毛パターンとは異なり、生え際から薄毛になって行くのではなく、頭頂部・前頭部を中心に頭部全体の毛髪が細くなっていきます。

原因

実はメカニズムが分かったのはごく最近のことで、なぜ「髪の毛をはやすな」なんて指令を出すのかはまだわかっていません。それ以前に、脱毛のメカニズムさえもあまりわかっていないのです。つまりある人はFAGAになり、ある人はならないのはなぜなのか。同じFAGAになる人でもなぜ発症時期に違いが出てくるのか、などまだまだ不明瞭な部分が多いと言われています。
ただ一つ言えることはFAGAの場合、加齢して女性ホルモンの分泌量が減った女性が発症する確率が高く、男性ホルモンと女性ホルモンの相対的な関係があるのではないかと考えられています。

主な治療方法

残念ながらAGAにもFAGAにも特効薬はありません。根本的な治療方法がまだ確立されていないのです。
基本的には医師に相談し、治療方針を決めていきます。基本的に大切にしたいのは規則正しい生活、栄養バランスの良い食事、適度な運度、そして喫煙習慣の断絶です。あとは頭皮のケアを十分に行い、頭皮環境を清潔に、シャンプーを十分に行って皮脂のたまっていない状態にしていきましょう。

まとめ

FAGAの治療で、頭皮環境を整えるなど、基礎的なところは育毛シャンプーなどを利用して自宅で行ってもよいでしょう。 しかし事前にサロンや病院へ行き、まず薄毛の進行状況を聞いたうえで、今の状態に合ったケアをしっかりと選んでいきましょうね。

 

▲ PAGE TOP

Copyright© 2014 女性薄毛治療の病院紹介 All Rights Reserved.