女性の薄毛の原因「分娩後脱毛症」とは?

女性の薄毛の原因「分娩後脱毛症」とは?分娩後脱毛症はそのままでも治る可能性は高いですが、出産から1年を経過してもその症状の改善が見られない場合や、どうしても気になる場合はすぐに医師に見てもらったほうが良いでしょう。

分娩後脱毛症

分娩後脱毛症とは、妊娠中に女性ホルモンの分泌が活発になり、その影響を受けたヘアサイクルが変化して起きる脱毛症の一種です。 簡単に言いますと、出産直後に髪の毛の成長が止まり、成長することがないのでその分抜け毛が目立ち、薄毛のような状態になってしまうのが分娩後脱毛症の正体です。薄毛の状態は長く続くわけではなく、出産後半年から1年以内には自然に回復していきます。

この脱毛症の特徴

一時的に抜け毛が多くなったり、髪の毛を触った感じコシがないとか、つやがない状態になります。 しかし見た目でわかるほど極端に薄毛になるわけではありません。

原因

原因は体内のホルモンバランスの変化です。
妊娠・出産中は女性ホルモンの働きが活発化し、髪の毛の量も多くなっていきます。というのもヘアサイクルが休止期を飛ばして、成長期のまま維持されてしまうからです。本来「成長期→退行期→休止期」と来るはずが、「成長期→成長期」となってしまうんですね。なので妊娠中は抜け毛も少なくなります。
出産後は女性の身体に大きな変化が訪れます。活発だった女性ホルモンの働きが減退し、各ホルモンバランスが正常な状態へと変化していきます。するとずっと成長期にあった髪の毛が、成長期から退行期、そして休止期に移ってしまのです。その影響で一気に抜け毛が増えるため(分娩後脱毛症)のような形になってしまいます。

主な治療方法

そのままでも治る可能性は高いです。 ただ、産後にストレスを抱えて精神的に参ってしまう方がたまにいます。 そういう方は分娩後脱毛症ではなく、ほかの脱毛症にかかる可能性があるので医師の受診をおすすめします。

治療方法

治療方法ですが、よほど脱毛がひどく薄毛が目立ってしまう場合、専門家へ相談に行ったほうがいいでしょう。 そういうケース以外は出産後の脱毛はある種「普通」のことなので、気にやむほど考えすぎないようにしましょう。 間違ってもホルモンの入っているステロイド系の薬品など、あわてて脱毛対策をしないように注意が必要です。

まとめ

分娩後脱毛症は女性にしか起こりえない脱毛症です。大体10か月程度でもとに戻るといわれています。よほど気になった場合のみ医師に相談したほうがいいかもしれませんね。

 

▲ PAGE TOP

Copyright© 2014 女性薄毛治療の病院紹介 All Rights Reserved.