びまん性脱毛症

びまん性脱毛症は、老化が原因となる場合は細胞自体の老化や循環器系の不全のため、次第に毛包が作られなくなり、やがて発毛しなくなります。ほかにもストレス、過度のダイエット、経口避妊薬、ヘアケアによって起こることもあるなど、非常に複合的な病因をもつのが特徴です。

びまん性脱毛症

びまん性脱毛性は女性特有の薄毛の病気です。 頭頂部が薄くなり、皮膚が透けて見えるようになる症状が見られます。ここではびまん性脱毛症でお悩みの方へ、その原因と治療法を詳しくお伝えし、改善方法についてご理解いただくことが目的です。

この脱毛症の特徴

円形脱毛症やそのほかの脱毛と異なるのは、びまん脱毛症は髪の毛全体が次第に抜けていき、非常に広範囲にわたって薄毛となってしまう点です。 男性の脱毛症とも異なり、おでこのヘアラインが後退して薄毛になってしまうものでもありません。 脱毛部分の教境界がはっきりせず、また少しずつ症状が進行するので、自分がびまん性脱毛症にかかっていることは初期段階ではほとんどわかりません。

原因

原因はさまざまで、老化が原因となる場合は細胞自体の老化や循環器系の不全のため、次第に毛包が作られなくなり、やがて発毛しなくなります。ほかにもストレス、過度のダイエット、経口避妊薬、ヘアケアによって引き起こすとされるのが、このびまん性脱毛症です。

主な治療方法

びまん性脱毛症を引き起こしている原因に対して、改善を施さなくては治療効果が得られないため、治療方法は1種類にとどまりません。育毛剤を利用する場合ホルモン系の育毛剤ではなく、頭皮の血行を良くする血管拡張剤や栄養剤を利用するケースが多いようです。

生活環境の改善

食生活、ストレス、ダイエットなど、わかりやすい原因がある場合、まずその改善から始まります。髪の毛や頭皮に負担となるものを除去していきます。

サプリメント

サプリメントはあくまで食事で摂れない栄養素を補助的に摂取する意味で有効です。もちろん、これだけで治るわけではないので、早めにクリニックに行ったほうがよいでしょう。

病院での治療

病院での治療はまず医師に脱毛の原因を特定してもらうことから始まります。何度も繰り返していいますが、脱毛はその原因を追究しないと治りません。病院にまで行きたくない、こっそり治したいという気持ちがあるかもしれませんが、少し我慢して病院にいきましょう。

まとめ

病院へ行き、カウンセリングを受けるだけでも案外安心できるものです。一人で思い悩むのは一番いけません。

 

▲ PAGE TOP

Copyright© 2014 女性薄毛治療の病院紹介 All Rights Reserved.