女性の薄毛原因「ストレスによる薄毛」

女性の薄毛原因の一つ「ストレスによる薄毛」は、ストレスそのものではなく、それを受けた身体の防衛反応が原因です。要因には不眠、血行不良、内臓機能の低下、アドレナリンの過剰分泌など様々。育毛剤などに頼らず医師に相談し治療を受けるのが良いでしょう。
トップページ女性薄毛の原因ストレスと女性の薄毛の関係は?

ストレスと女性の薄毛の関係は?

ストレスが原因の薄毛は、男女問わず若い人も発症する可能性があります。薄毛は男性に特有のもので、自分は縁のないものと思っていた女性が、ある日突然自分の頭髪が薄くなっていることに気づき、愕然とするといったケースもあります。
ストレスが原因の薄毛は、そのストレス要因を解消したりストレスを受けない環境に身を置くことで、自然治癒の可能性があります。必要以上に悲観したり思い悩まないで、なるべく早く医師に相談を受けるとよいでしょう。

ストレスに起因する薄毛とは

間違いがちなのは、ストレスそのものが悪さをして薄毛になるのではなく、ストレスを受けた身体が自分の身を守ろうとしてあれこれ対策を行っているうちに、身体にとって優先すべき場所に十分な栄養がいきわたった結果、髪の毛が後回しにされて薄毛になります。

ストレスと薄毛の関係

ストレスと薄毛の関係について、以下のものが代表的な原因です。

●血行不良
血行をコントロールしているのが自律神経系です。ここが強いストレスを受けると血管の収縮を引き起こし、血流が減少し、血行が悪くなります。
そうなると毛乳頭が血管から十分な栄養素を取り込めなくなり、発毛力が低下、薄毛になります。

●不眠
髪の毛は寝ている間に成長します。だいたい午後10時から午前2時の間で、この間に成長ホルモンが多く分泌されますので、毛髪の成長にも良い影響を与えます。逆にこの時間に寝られないと、髪の毛はほとんど成長しません。
ストレスによってこの時間に眠れなくなった場合、それは薄毛のリスクが上がったことを意味します。

●内臓機能の低下
ストレスによる自律神経の変調は、内臓機能の低下をもたらします。内臓機能の低下は、食物から得るタンパク質の吸収率の低下を意味し、毛髪に十分なタンパク質が供給されなくなるため、髪の毛は細くなり、あまり育たなくなります。

●アドレナリン
ストレスの防衛反応であるアドレナリンは、活性酸素を急増させそれが頭皮の皮脂を過酸化脂質に変化させます。過酸化脂質には強い粘性があり、毛穴に詰まり、なかなかとれません。その状態が続くと毛穴が炎症を起こし、髪の毛が細く、また十分に成長せず抜け落ちてしまいます。

まとめ

このようにストレスと薄毛の関係は、ストレスと身体機能の関係に従属しています。ストレスが直接の原因ではないものの、薄毛との関連性はありますので、日常生活で受けるストレスはなるべく少ないほうが良いに越したことはありません。ただし、遺伝によって起きる脱毛とは違い、ストレス原因さえ解消すればまた髪の毛が生えてきます。
もしストレスが原因で薄毛になっているという自覚があれば、育毛剤などに頼らず、医師に相談し治療の仕方や日常のケア方法を聞いておいた方が良いでしょう。

 

▲ PAGE TOP

Copyright© 2014 女性薄毛治療の病院紹介 All Rights Reserved.