女性の薄毛原因「老化による薄毛」

女性の薄毛原因の一つ「老化による薄毛」は、実はまだ科学的に完全に解明されてはいません。いくつか定説があり、ひとつは血管の収縮にともなう血流量の低下によって、髪の毛を育てるための栄養が運ばれなくなるという説です。ただこうした要因は改善できる可能性もあり、クリニックへの受診も視野に改善していきましょう。
トップページ女性薄毛の原因老化と女性の薄毛の関係は?

老化と女性の薄毛の関係は?

老化(加齢)による薄毛は、更年期に入った女性に多くみられる症状で、医学的には誰にでも起こり得ます。場合によっては髪の毛の量は変化しないものの、髪の毛も細くなったり、抜け毛や脱毛が目立ち、薄毛になる方もいます。
しかしながらただ「年を取ったのせい」とあきらめられないのも人のココロ。進行していく症状をただ黙ってみていられませんよね。もちろん、老化による薄毛にも対処方法はあります。適切な方法を学ぶことで、いつまでも若々しい毛髪環境を得られる可能性がありますので、ぜひ頑張っていきましょう。

老化と薄毛の関係

老化と薄毛の関係性ですが、実はまだ科学的に完全に解明されてはいません。おそらく引き金となる個別の出来事があり、それが薄毛の原因となる症状を引き起こすと考えても、その相関性の証明が困難になっていると思われます。非常に複雑で複層的な問題を秘めているのでしょう。
そうは言いつつも、原因としてはいくつか定説があります。それは、血管の収縮にともなう血流量の低下です。血管は老化によって弾力性が失われることがよく知られており、弾力性の低下は血流量の低下となって影響を及ぼします。血流量の低下は、いままで毛根に届けられていた髪の毛を育てるための栄養も、同時に減少させることになります。

日頃からできる対策

つまり、老化による薄毛対策はまさに、老化との戦いです。髪の毛の老化と戦うのではなく、自分の身体の衰えとの戦いです。根本的な原因がわかっているなら、そちらをまず対処するのが基本ですから、日常的にできることから始めましょう。
ポイントは4つです。

まずは新陳代謝の改善です。もっとも有効なのは身体を使った活動を増やすこと。
適度な運動、かつ有酸素運動がオススメです。あまり激しい運動は好ましくないので、毎日1時間はウォーキングやストレッチに費やす時間を作るなど、習慣化していきましょう。そうすれば筋力の低下を避けられますし、筋肉の収縮が容易になるので血流もアップし、全身に十分な血流量を確保できます。

次に頭皮の血行促進です。
マッサージや医師から処方される育毛剤などを利用し、毛細血管を刺激していきましょう。

対ストレスの対策もお忘れなく。
毎日同じ生活を続けているのも一見ストレスではないようで、実はストレスになります。新しいことに挑戦したり、適度にリフレッシュするために出かけるなど、ストレス解消をしましょう。

最後はホルモン対策です。
加齢により女性ホルモンが少なくなり、それが脱毛の原因となります。大豆やざくろなど、女性ホルモンに近い働きする成分を含んだ食べ物を積極的に摂取しましょう。

まとめ

今回は自分でできる対策を中心にお伝えしましたが、デリケートな問題ですのでどうしても一人で悩みがちになってしまいます。 そういった時間はモッタイナイですし、マイナス面のことばかり考えてしまうので、一度クリニックへ相談しに行ってみるのも良いかも知れませんね。

 

▲ PAGE TOP

Copyright© 2014 女性薄毛治療の病院紹介 All Rights Reserved.