女性の薄毛原因「妊娠や出産による薄毛」

女性の薄毛原因の一つ「妊娠や出産による薄毛」は、妊娠・出産を経験した女性なら、20代でも40代でも年齢問わず誰にでも起こり得る脱毛症です。髪の毛の休止期が終われば、ほとんどの方が薄毛状態から回復するので深刻に考えず、もし気になる様だったり時間がたっても回復しない時は病因へ行きましょう。
トップページ女性薄毛の原因妊娠や出産と女性の薄毛の関係は?

妊娠や出産と女性の薄毛の関係は?

妊娠や出産が原因の薄毛は、妊娠中のホルモンバランスの変化によって引き起こされます。わかりやすく言えば、妊娠中はお腹の中の赤ちゃんに十分な栄養をいきわたらせるため、女性ホルモンが多く分泌されその働きが活発になります。
しかし出産した後は逆に女性ホルモンが分泌されにくくなり、髪の毛の成長に対してもその働きが不十分になるので、毛が伸びにくく、また細くなり、全体的に髪の毛が薄くなってしまう症状を言います。

妊娠や出産と薄毛の関係

出産後の薄毛=分娩後脱毛症は妊娠中にホルモンバランスが変化し、髪の毛の成長を維持しつつ赤ちゃんを育てるための身体的機能で、出産後は毛髪の成長期が一度に休止期に入るため、薄毛のような状態になってしまいます。言い換えれば妊娠・出産を経験した女性なら、20代でも40代でも年齢問わず、誰にでも起こり得る脱毛症です。そして髪の毛の休止期が終われば、ほとんどの方が薄毛状態から回復しますので、そのままにしておいても大丈夫です。
ただ、出産後すぐにおしゃれしたいとか、会社に復帰したいなどの希望をお持ちの方は、そうも言っていられないかもしれません。そんな時は自分で解決せずに、専門のクリニックを受診されるとよいでしょう。

治療方法

なぜクリニックを受診したほうがよいかと言いますと、女性の薄毛専門の治療薬を処方してくれるからです。パントガールと呼ばれる育毛剤は、女性用の経口育毛剤としては世界初の薬品です。女性の薄毛全般に効果があり、分娩後脱毛症もその範疇に入っています。
従来、女性の薄毛治療薬は外用薬、あるいは頭皮への直接注入でかつ男性が利用するようなホルモン系の薬剤は使えませんでした。しかしパントガールの登場によって女性の薄毛治療を取り巻く環境は劇的に変化し、効果のある治療を安全に受けることが可能となったのです。もちろんクリニックでもパントガールでの治療を行っている所とそうでないところはありますし、症状が軽度ならば処方されない可能はあります。ですので病院については事前に下調べしておきましょう。たとえ処方されなくても、医師に薄毛は近いうちに治るというお墨付きを得たわけですから、安心ですね。

まとめ

従来分娩後脱毛症に対してはそれほど積極的な治療は行われていませんでした。しかし新薬の登場によってその傾向が変わりつつありますから、女性にとっては非常に良いことかもしれませんね。

 

▲ PAGE TOP

Copyright© 2014 女性薄毛治療の病院紹介 All Rights Reserved.