女性の薄毛原因「生活習慣の乱れによる薄毛」

女性の薄毛原因の一つ「生活習慣の乱れによる薄毛」は、飲酒や喫煙、運動不足、睡眠不足、偏った食生活など、日常生活が起因となります。難しいのは本人は正常だと思っているか、異常なのはわかっているが止められない場合です。その場合、医師など第三者の力を借りないと薄毛は改善できません。
トップページ女性薄毛の原因生活習慣と女性の薄毛の関係は?

生活習慣と女性の薄毛の関係は?

生活習慣の乱れによる薄毛とは、主に食事や睡眠など人が生活するうえで必要な習慣が、何らかの原因によって乱れ、頭皮環境や毛根がダメージを受けてしまうため薄毛になったり、脱毛したりして起きる薄毛です。
食事でいえば何日も食事を摂らない、同じものしか食べないような食生活はマイナス要因ですし、1日に3時間しか寝ないなどの睡眠習慣も薄毛の原因となり得ます。
その他、働き過ぎによる過労、髪の毛や頭皮を痛める髪型やパーマ、ヘルメット、帽子の着用のほか、運動不足も薄毛の原因の一つと言われています。

生活習慣の乱れに起因する薄毛とは

生活習慣の乱れに起因する薄毛は大きく分けて3つあります。
・飲酒や喫煙
・運動不足
・睡眠不足
ではひとつひとつ見ていきましょう。

飲酒や喫煙

アルコールの過剰摂取と薄毛関係は、肝臓が体内のアルコールを分解する為にシステインやメチオニンといったアミノ酸を使います。これらは髪のタンパク質を形成する役割も担っているので、その分髪の毛の材料が減り、これが慢性的になると薄毛になるという仕組みです。
喫煙はタバコのニコチンが問題です。ニコチンには強い血管収縮作用があり、血行不良を及ぼし、髪の毛が十分に育たなくなる遠因となります。

運動不足

運動不足は一見関係ないように思えますが、発毛のメカニズムと運動不足は関連性が高いのです。
発毛のメカニズムは、毛母細胞の分裂・増殖を繰り返しです。細胞の分裂や増殖を助けるのは血管中の栄養で、十分な血量の確保が髪の毛のサイクルや育毛スピードを正常化します。一方、運動は筋肉の収縮がおきますから、リズミカルな収縮は全身の血行促進に欠かせません。逆に運動不足なら全身の血流も不足します。
こうして運動不足がもたらす血流不足が、薄毛の遠因となる可能性があるのです。

睡眠不足

睡眠不足は薄毛の原因になります。というのも成長ホルモンの分泌が髪の毛の成長に関係あるからです。
成長ホルモンは炭水化物、タンパク質、脂質の代謝を促進させる作用があり、かつアミノ酸の吸収率を上げ、タンパク質の合成を促す作用もあります。髪の毛の大部分はこのたんぱく質ですから、十分な供給がないと死活問題だというのはお分かりになると思います。成長ホルモンは睡眠時、とくに午後10時~午前2時までの間に多く分泌されます。丈夫で健康的な髪の毛の成長には十分な睡眠も必要になるわけですね。

まとめ

このように、生活習慣の乱れと薄毛には密接な関係があります。
とくに髪の毛を触っていて指どおりが悪くなったり、ボリュームが減ったような気がするなど自覚症状のある場合は、注意が必要です。

 

▲ PAGE TOP

Copyright© 2014 女性薄毛治療の病院紹介 All Rights Reserved.