女性薄毛の原因

女性薄毛の原因は特定が難しく、治療方法もそれぞれの脱毛症によって違うので、本気で治療をしたい方は早目に医師に相談したほうが安心です。なぜそう考えられるのか、このページを見れば薄毛の原因を詳しく紹介していますので、より理解が深まるはずです。
トップページ女性薄毛の原因

女性薄毛の原因

びまん性脱毛症と女性脱毛症の種類

女性の薄毛原因は男性と同様に一つではありませんが、男性とは違い、女性の場合は女性ホルモンの分泌量の増減の影響を受けるケースが多いのが特徴です。
また生え際の後退ではなく髪の毛全体が薄毛になるケースが多いのが女性の薄毛特有の現象です。こちらでは食生活、生活習慣、ストレス、頭皮へのダメージなど薄毛になるリスク要因をまとめて紹介しています。

20代女性の薄毛の原因は、他の世代とは違いホルモンバランスの変化によるものは少なく、どちらかというと生活している中で、頭皮に何らかのダメージが加わっていくことで薄毛になる方が多いようです。
また20代の内は薄毛に悩まされなくても、30,40代に入って若い時のツケがでて、薄毛になってしまうケースも…。こちらでは20代の薄毛の特徴と原因、対策などを詳しく説明します。

ホルモンバランスの乱れは女性を悩ます薄毛の原因の一つです。エストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンが、身体のあらゆる部分に影響を与えるためですが、そもそもホルモンって何?という方もいらっしゃると思います。
こちらではホルモンについての説明と、女性ホルモンと薄毛の関係など、少し難しいですが薄毛対策のために知っておいて損はない情報を多数紹介しています。

ストレスが原因の薄毛は、男女問わず若い人も発症する可能性があります。自分は縁のないものと思っていた女性が、ある日突然自分の頭髪が薄くなっていることに気づき、愕然とするといったケースも…。一人で思い悩むとそれがさらにストレスとなり、自然治癒はますます難しくなります。なるべく早く医師に相談を受けたほうが良いのですが、そのために必要な予備知識をこちらでは紹介しています。

ダイエットによる薄毛はほとんどの場合、ダイエットや栄養に対してあまり知識のない人が、急激に痩せようとして起きるケースが多いです。そのため薄毛になった原因すら特定できず、その解決には時間がかかります。薄毛に悩まされないためには正しいダイエット方法と十分な栄養補給が不可欠。こちらではダイエットが薄毛をもたらす恐ろしいプロセスと、薄毛にならないようにするために必要な情報を紹介しています。

生活習慣の乱れによる薄毛は、主に食事や睡眠など人が生活するうえで必要な習慣が、何らかの原因によって乱れ、頭皮環境や毛根がダメージを受けてしまうため薄毛になったり、脱毛したりして起きてしまいます。わかりやすく言うと、飲酒、喫煙、運動不足、睡眠不足がそのリスク要因です。こちらではそれらの要因についての正しい知識、避けるべき習慣、薄毛にならないための対策をお伝えします。

頭皮トラブルによる薄毛はかゆみやフケ、脂っぽい、乾燥などが原因となります。毛穴に詰まった汚れや皮脂を無くし、適度にうるおいのある状態に保つことが薄毛の危険から身を守る手段です。しかし口で言うほど簡単ではないのが頭皮トラブル対策。
こちらではトラブルの予防方法と、トラブルが発生してもあわてずに正しく対処する方法をご紹介します。

妊娠中のホルモンバランスの変化によって引き起こされる、妊娠や出産による薄毛。実は今まで、分娩後脱毛症に対してはどのクリニックでも、それほど積極的な治療は行われていませんでした。しかし新薬の登場によってその傾向が変わりつつあります。出産後すぐにおしゃれをしたい方、社会復帰したい方は病院での治療をおすすめします。こちらでは妊娠や出産と薄毛の関係、治療方法などを詳しくご紹介します。

老化(加齢)による薄毛は、更年期に入った女性に多くみられる症状で、医学的には誰にでも起こり得ます。歳だから仕方ないと思いつつも、あきらめられないのも人のココロですね。老化による薄毛にも対処方法はもちろんあります。新陳代謝の改善や、頭皮の血行促進など日頃から自分だけでできる施術方法もあります。こちらでは老化と薄毛の関係にフォーカスして、そのメカニズムと対策、治療方法を詳しく説明します。

 

女性の薄毛原因は男性と同様に一つではありません。ただ女性の場合は、女性ホルモンの分泌量の増減の影響を受けるケースが多いのが特徴です。年齢や出産など、身体のホルモンバランスが偏る時期に薄毛に悩む人が多いこともそれを裏付けています。

その他の原因では食事の高脂肪化による育毛環境へのダメージ、仕事や育児などのストレスによる自律神経系、免疫系の機能低下に伴う薄毛、老化による女性ホルモン分泌の減少に伴う薄毛、同じく過剰なダイエットにおけるホルモンバランスの変化、無理な髪の毛のブリーチングやパーマによる頭皮へのダメージも、薄毛の原因のひとつです。

女性の薄毛とは

女性の薄毛でもっとも特徴的なのは、生え際の後退ではなく髪の毛全体が薄毛になるケースが多い点です。
その誘因となるのが女性ホルモンの働きです。出産後の脱毛、加齢による脱毛は、主に女性ホルモンの分泌量の減少が原因です。いずれも身体に備わった機能的な側面が強く、それらに起因する脱毛症の回避は非常に難しいものがあります。こうしたある種不可避的な薄毛は、治療を行うというよりもそのような状況になったときに、どう対処するかの準備をしておくことが大切になってきます。このように、身体的な変化が原因の薄毛症状がある一方、当てはまらないものもあります。

一つは食事です。
食事は健康な髪の毛を育てたり、健康に保つための基礎となるものです。栄養バランスの片寄りは避け、食べ過ぎ、飲みすぎ、高脂肪の食べ物中心の食事などは、いずれも髪の毛に悪い影響をあたえます。血中の脂肪分が増え、それが毛根に運ばれて過剰な皮脂が毛穴をふさぐことで脱毛の原因にもなります。やっと生えた髪の毛も十分な太さになるまで成長せず、細いまま途中で抜け落ちてしまいまうからです。逆に栄養の少ない食事では、毛根まで十分な栄養が送られず髪の毛が休眠期に入ってしまうため薄毛になるケースも。

もう一つは生活習慣の乱れやストレスです。
生活習慣ではたとえば睡眠時間の確保が不十分であったり、仕事から帰っても、髪の毛を洗わずにそのまま寝てしまったりといったことを繰り返し、頭皮にストレスを与えてしまうケース。 ストレスは仕事や育児、人間関係などはうまくいかず、悩んだりしているうちに自律神経系や内分泌系、免疫系などの働きが減退し、薄毛をはじめとする悪影響が身体に現れます。

最後に頭皮へのダメージも薄毛の要因となります。
直接的な頭皮へのダメージも薄毛の要因です。たとえば頻繁な洗髪、頻繁な脱色やパーマ、頭皮の圧迫や牽引、アレルギー性物質の摂取や使用によって、頭皮が傷ついたり炎症を起こしたりして引き起こされる薄毛もあります。

その他の原因では食事の高脂肪化による育毛環境へのダメージ、仕事や育児などのストレスによる自律神経系、免疫系の機能低下に伴う薄毛、老化による女性ホルモン分泌の減少に伴う薄毛、同じく過剰なダイエットにおけるホルモンバランスの変化、無理な髪の毛のブリーチングやパーマによる頭皮へのダメージも、薄毛の原因のひとつです。

まとめ

女性の薄毛は男性よりもその原因特定が難しく、治療方法もそれぞれの脱毛症によって違うので、本気で治療をしたい方は早目に医師に相談したほうが安心です。

 

▲ PAGE TOP

Copyright© 2014 女性薄毛治療の病院紹介 All Rights Reserved.