女性の薄毛原因「ホルモンバランスの乱れ」

女性ホルモンには、女性特有の体つきにする、生理や妊娠のコントロール、肌や髪を美しくする、自律神経を安定させる等の働きがあります。このバランスがひとたび崩れると、薄毛をはじめとして女性の身体に様々な悪影響が…。
トップページ女性薄毛の原因女性ホルモンと薄毛の関係は?

女性ホルモンと薄毛の関係は?

女性ホルモン増減は、薄毛の原因と強い関係があります。というのもエストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンが、身体のあらゆる部分に影響を与えるからです。

そもそもホルモンって何?

女性ホルモンと薄毛の関係を説明する前に、そもそもホルモンとは何で、どんな働きをするのかを説明する必要があります。まずホルモンとは、人間の身体内の細胞で作られる固有の化学物質で、1種類だけでなく約70種類に上るといわれています。それらのホルモンは主に脳の視床下部、甲状腺、卵巣、睾丸などにある内分泌腺で作られています。作られたホルモンは同時に保存され、ホルモンに対する刺激に対して血管を通し、分泌されます。それぞれのホルモンには「働き場所」があり、その働きをコントロールする機能も備わっています。
またホルモンは人間が生きていくのに必要な代謝の調節も行っています。ここでホルモン一つ一つの働きはご説明しませんが、70種類あるホルモンにそれぞれの仕事があり、それぞれ身体の調節に大切な役割を持っている、というわけです。そのホルモンの中に、髪の毛に関する働きをつかさどるホルモンがある、そんなイメージです。

女性ホルモンの働き

女性ホルモンには次の働きがあります。
・女性特有の体つきにする
・生理や妊娠のコントロール
・肌や髪を美しくする
・自律神経を安定させる
など、多くの働きがあります。このバランスがひとたび崩れると、身体の不調の原因になったり、生理不順や脱毛など、身体に悪い影響をあたえます。

女性ホルモンと薄毛の関係

エストロゲンとプロゲステロン、この二つのホルモンが髪の毛に対して重要な役割をもっています。
端的に言えば、これらの働きが正常化するようにすれば薄毛に悩まなくて済みます。言うは簡単なのですが、メカニズム的にはそういうことです。ホルモンが異常な働きをしたり、過剰に分泌されたり、逆に過少になったりするケースは、ホルモンが「そのようになってしまう刺激」を外部から受けているから発生すると言えます。その刺激とは細胞レベルに影響が及ぶ事態なので、通常はある程度の期間その要因にさらされた場合か身体的機能の衰えに起因するものがほとんどです。

まとめ

ということは、自分でできる最低限のケアはホルモンバランスや働きの正常化を促す意味で、とても重要です。 繰り返しになりますが、食事、生活習慣、ストレス、化学物質やその他身体に不健康な習慣、物質はなるべく排除したほうが良く、それが一番の対策となり得るでしょう。

 

▲ PAGE TOP

Copyright© 2014 女性薄毛治療の病院紹介 All Rights Reserved.